質の良い社員を育てる為のおすすめ内定者研修の比較

4月の新人の入社が無事に終わり、今度は来季の人材の確保の準備を進めている企業もきっとたくさんあるのではないでしょうか。質の良い社員の育成を行う為には、入社後の研修を数回に分けてきっちりと新人教育をしていく事が何より大事です。入社を決めるにあたって、企業に沿った人材を確保しているとしても、更により良い教育をして、人を育てて行かなければなりません。

そこを踏まえてこちらの内定者研修をはじめとする、様々な自己啓発セミナーなどを行ってくれる、人材コンサルティング企業の比較を取りまとめているサイトなどは、研修を行っていく際に、かなりおすすめになって来ます。毎年同じ所に依頼するのも良いですが、その年その年で依託会社を買えるのも、その年その年のカラーが出て面白いかもしれません。

その年の人材の雰囲気や、人数、文系と理系の割合など、様々な角度から、コンサルティング会社や研修内容を見直したりするのにもこちらのサイトはお勧めです。色々と役立てて、より良い人材の育成を行うのに役立てて下さい。

株式会社Legaseed

オススメ度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
POINT
人材を効果的に採用するために、トータルでサービスを提供
学生の方限定ではありますが、無料で参加出来るセミナーを開催
研修や働きやすい環境づくりなどのサポート

株式会社Legaseedは、人材採用コンサルティングや社員教育コンサルティング、組織活性コンサルティングの業務を事業としており、新卒採用に重点を置き、人材を効果的に採用するために、トータルでサービスを提供してます。

株式会社Legaseedでは、業種やエリアに関わらず、企業の採用に対して、成功に導く独自の戦略を持ってることから、300社を超える実績があります。大学の授業では教えてくれない、社会で必要なスキルに関して、学生の方限定ではありますが、無料で参加出来るセミナーを開催してます。一言でいうと研修と言っても過言ではないですが、参加することによって、座学だけでなく、実際に体験をして大切なことを身に付けることが出来ます。

企業が内定者として、沢山の応募者から選考して採用して頂いても入社してから、すぐに離職されると言うことは内定者と企業の両方にとって、プラスにならないことから、定着率を高めるために、研修や働きやすい環境づくりなどのサポートを行ってます。

UZUZカレッジ(株式会社ウズウズ)

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
POINT
入社1年後の定着率が94.7%
一人一人の就活サポートがしっかりしている
オーダーメイド型のサポートをしてもらえる

UZUZカレッジ(株式会社ウズウズ)では、研修型サポートサービスや採用ツールの制作・運用サービスなどを提供しています。ですので、企業の採用活動を様々な面からサポートしてくれ、良い人材を確保することを手助けしてくれます。

企業は、採用活動で良い人材がいた場合には内定を出し、その人材を確保しますが、入社までにさらにその人材の能力を高めたいと考えます。そんなときにこの会社の研修を利用すれば、内定者の能力を高めることができると考えられます。

入社1年後の定着率が94.7%という実績がありますし、一人一人の就活サポートがしっかりしているので安心して任せることができます。また、オーダーメイド型のサポートをしてもらうこともでき、目的のキャリア形成ができます。

JAIC(ジェイック)

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
POINT
社会人の基礎が身につく無料の講座
沢山の企業と面接が出来る集団面接
就職支援サービスが無料で受けられる

JAIC(ジェイック)は内定者に無料で研修を行っています。ビジネスの世界で生きていくために必要とされる基礎的な知識などを専門の講師が教えてくれます。これから会社で活躍するためには欠かせないことばかりです。

JAIC(ジェイック)では多くの優良企業と直接面接が出来る集団面接会が開催されています。非公開の求人も沢山ありますので、なかなか内定が獲得出来ない人は是非受けてみましょう。効率的に就職活動を進められます。

JAIC(ジェイック)では無料で就職支援サービスを受けることが出来ます。JAIC(ジェイック)は企業の採用活動を手伝うことで企業からお金を貰って運営されているので、転職者は無料でサービスを利用できる理由です。

いい就職.com(ブラッシュアップ・ジャパン株式会社)

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★
利用満足度 ★★★
POINT
セミナーにおいて、正しいビジネスマナーを身に付けることが出来る
極力若い年代の方が就職活動をし易い求人だけ掲載
専任スタッフがが既卒採用の経験を活かして、履歴書添削や模擬面接、業界の研究など幅広くサポート

いい就職.com(ブラッシュアップ・ジャパン株式会社)では、14万人の第二新卒者が登録してる、国内で最大級の就職支援サイトを運営してます。求人登録されたお客様に対しては、登録された企業の求人情報を無料で掲載してます。求職者の方は、就活する時に、何らかの不安を感じてる方も少なくないことから、ビジネスマナーのセミナーにおいて、正しいビジネスマナーを身に付けることが出来ます。企業の面接を受ける前にセミナーで研修を受けることで、印象も変わり内定者も多くなってきます。通常は3日かけて行う所、180分に短縮して提供してます。

いい就職.com(ブラッシュアップ・ジャパン株式会社)では、求人登録に対して厳しく基準を設けておりますので、極力若い年代の方が就職活動をし易い求人だけ掲載するようにしてます。求人を載せたいとの要望があった時、全ての企業に対して、いい就職.comの担当スタッフが実際に企業に足を運ぶことで、規定をクリアしているか確認をしてから、企業の求人の掲載を認めることになってます。

求人票だけでを見ても、適切な企業を選ぶことは、分からないことが多いので、いい就職.com(ブラッシュアップ・ジャパン株式会社)の専任スタッフが、直接求人の依頼があった企業に出向き詳細を伺ってます。職場の雰囲気や仕事のや内容に関して、求職者が応募し内定をもらった後の、入社してからの失敗を防ぐために、質の高い情報を掲載することに最善の努力をしてます。さらに、専任スタッフがが既卒採用の経験を活かして、履歴書添削や模擬面接、業界の研究など幅広くサポートしてます。

マイナビ研修サービス

オススメ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
利用満足度 ★★★
POINT
内定者教材キットを販売している
内定者の不安を解消するための研修を行っている
強い組織づくりを全力でサポートしてくれる

マイナビ研修サービスは内定者の不安を解消して前向きに入社することができるように、しっかりとした研修を行っていると言うことでとても人気があります。カスタマイズにより半日間や1日間、2日間等柔軟なプログラムを設計することができるのでとても助かります。

マイナビ研修サービスでは自己理解や他社理解のツールとしてSPトランプを使用していますが、とても効果があると言うことで注目されています。効率良く研修を行ってくれると言うことで依頼する会社も沢山あります。

マイナビ研修サービスでは電話でもインターネットでも問い合わせをすることができるので、都合の良い方を選んで連絡することができます。資料請求をしたり見積もりを出してもらうこともできるので、依頼する前に話を聞いて見る会社が殆どです。

インソース

オススメ度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
掲載情報量 ★★★
利用満足度 ★★★★★
POINT
企業のための研修制度を専門の講師が行う
1名から参加できる公開講座を開催している
人事研修以外にもお得なキャンペーンがある

インソースでは企業の人事担当者をサポートする様々なサービスを行っています。例えば企業の内定者を対象とした新人研修から管理責任者を対象とした研修まで色々な研修を行います。希望があれば会社への派遣を行っているので会社全体での教育事業や会議などにも導入できます。

そして企業として講師を派遣するだけではなく、ビジネスマンが自身の向上の為に個人型の研修を受けることが可能です。1名から参加可能な公開講座があるので、インソースのサイトの講座一覧を見て興味がある分野の講座が近くであれば申込みが可能です。

また講座や研修以外にも企業として様々なサービスを提供しています。資格試験対策のラーニングを提供したり、前もって申請をすると、ベーシックテキストの印刷が通常料金の半額に出来る事もあります。

就職活動内定者が研修までに心得ておくべき事実

東証一部の企業の内定者といえども、研修を受ける際は油断してはなりません。例えそれが、役員の紹介でコネ入社したとしても、です。景気の良かった時は、入社式にさえ出てしまえばほぼ問題なく正社員の一員として定年までその会社にいることができました。しかし、1994年を境にして、様相は一変しました。例え偉い人の紹介で入社したとしても研修中の勤務態度次第で折角苦労して就職活動をして手にした内定すら、一瞬にして失うケースが、昨今、後を絶ちません。
具体的に言うと、「試用期間」というものが法律で認められており、入社=本採用、という訳ではないということです。
法学部出身者ではない学生はそれを知らないで、内定が出て入社式に出ればそれが本採用、と考えがちですがそうではありません。言うならば、「お試し期間」、です。その期間、研修等で会社からNGの判断をされれば、本採用をしない旨の通告を受けてしまいます。つまりは、「クビ」ということです。例え苦労して就職活動をして採用通知を手にしても、試用期間をパスするまでは決して油断しないことをお勧めします。


内定になった応募者を研修する時期の決め方

内定になった応募者は入社する前に研修を受けると安心して働きやすく、新しい仕事を積極的に覚えやすくなるため効果が高いです。企業が新しい人材を雇用する目的は貢献してもらうためで、失敗をしないようにするためには流れを正しく決めて育成する必要があります。企業が新入社員を採用する時は応募書類の内容や面接を通して判断し、新しい仕事を積極的に覚えやすくするためにサポートをすることが大事です。
内定は応募者が企業に入ることを許可された状況であり、研修をして安心して働ける環境を作るとスキルアップをしやすく戦力になります。内定になった応募者を研修する時期の決め方は入社する前に済ませ、仲間とのコミュニケーションをしやすくすると効果的です。仕事はやりがいを感じて働かないと長続きできないため、サポートをして積極的に新しいことを覚えやすくする必要があります。


内定者の研修を執り行う主なメリット

内定者研修と言いますのは、会社組織が内定を出した入社予定者に向けて実行することを言います。 一人の社会人としての基本的な礼儀作法にとどまらず入社した後に関わる業務に絶対不可欠な広範囲の知識などをマスターし、即戦力という形で勤務することが出来るようにすることを意識して実施されることが多いといわれています。 多種多様なワークを実施する中で、参加者間の仕事の展開方法などが非常によく認識できます。
加えて同期の中にある自分自身の水準を知り、自らがリードを許している部分は入職までに戻そうと考慮したり、優勢に立っているところはアドバンテージとして一層伸ばそうと関わったり、相互に非常に良い刺激を受けることが可能です。研修を受けることで不安を感じたメンタリティが自信に変化します。受講させていただいた会社組織に対する感謝が生じます。こうした感謝こそ、内定辞退の回避に結びついてくるといえます。

PAGE TOP