HOME > 内定者研修とは > 入社前のモチベーション強化につながる

入社前のモチベーション強化につながる

 就職活動の成果が出て、晴れて内定を得た方には、入社までの期間において内定者研修を実施する会社が多くあります。社会人となる学生に対して、入社までの期間、ビジネスマンとしての意識付けを行います。また、入社後の後に、スムースに組織に入っていけるように、自覚を持ってもらうこと、モチベーション強化することを目的として行われます。特に内定が出てから、入社までの数ヶ月の間、放置するのではなく、企業側が学生との継続的な関係を作り、会社独自の業態を知ってもらうこと、及び社会人として即戦力になり得るような準備段階として研修を実施していくことになります。事前に知っておいて欲しいことや、社会人とてしてもマナーなど、様々なメニューが用意されていることがあります。一般に、内定者研修で学べることについて、以下で詳しく見ていくこととしましょう。

 内定者研修の一例を見ていくこととしましょう。内定が出ているといっても、まだ学生として在籍しており大学での講義もありますので、長い時間をかけることはできません。集合研修にかける時間は、1,2日程度となる場合が多い模様です。これから仲間となる人たちとの顔合わせといった意味合いもあります。業種にもよりますが、ビジネスマンとして最低限、身につけておかなければならないビジネスマナーを身につける内容となっていることが多いと言えます。例えば、身だしなみや言葉遣いなど、実践的な内容となっています。集合研修では受講者がロールプレイをするなど、実際に行動を通して身につけるべき演習が実施されます。その後のフォローアップとして、課題を自宅に持ち帰って提出する通信教育を併用し効果的に実施されていきます。

 内定者研修の一例を見てきましたが、この研修を通じて会社側は内定者との良好な関係を築くことを期待しています。入社前に複数の内定を得ている学生にとって、最終的に入社する決め手としたいといった意図があります。幾度かの面接や入社試験を実施するにあたって、費用をかけて内定を出しています。したがって、確実に入社意思を固めてもらうことと、社会人としての自覚を持ってもらうことに注力することになります。内定が決まっただけでは、入社までの間、不安がつきまといます。学生としても研修を通じて、企業が何を求めているのか、どんなことを身に着けていけば良いのかが明確となりますので、入社前にすべき準備をすることができメリットがあります。内定者をフォローしようとする会社の意図に沿って、積極的に参加していくことで入社後の自らのイメージを持つことができるとともに、最低限必要な知識を得ることができ大変意義があるものと言えます。

次の記事へ

PAGE TOP