HOME > 内定者研修とは > 内定が決まったら初心者向けの研修を受ける

内定が決まったら初心者向けの研修を受ける

就職活動を続けていると内定が出ることがあります。
結果を出せたと安心していても次のステップに進む必要があるため、仕事に向けて準備することが大事です。
新入社員向けの研修を行っているところは珍しくないので、初心者は何を学ぶか不安になる人もいるかもしれません。
学ぶ内容は企業によって異なりますが、仕事に関する知識を学習することが多いでしょう。
知識の習得を個人に任せるだけでは習得に個人差が出るため、社員の質を高めたいときに利用されます。
新人教育を兼ねていることもあり、期間中に十分に学習できるかでその後の評価が決まることも珍しくありません。
自分の知識を確かめるだけでなく周りとの協調性や社会人としてのマナーを学べることが多いでしょう。
仕事の進め方で気になることがあるなら、研修中に積極的に質問し問題を解決してください。



内定者に研修で社会人の意義を伝える

これまで内定者がアルバイトの経験だけ持っていて、社会人として仕事をする際にアルバイトと同じ感覚で仕事に臨むこともあります。
そんな中で正規社員として今後は仕事をしなければならないため、労働に対する意識をもたせることが必要です。
企業で社会人として働いていく現実を、スタートする前から想像させていくのは難しいです。
企業利益について追求していくことや、対価として得られる賃金について知ることも必要です。
そんな中で研修を行うことになりますが、多様的な意味を持っている働くイメージを持たせることが必要になってきます。
社会人というのは広い意味で社会に参加している人物ですが、責任を持ち行動をしなければなりません。
社会人は労働者とイコールで結びついていることや、実社会において権利と義務を持っていることを研修で伝えていくことになります。



内定者へ学生と社会人の違いを研修で教える

学生が就職活動を終えて、晴れて内定者となった際に学業を終えるように取り組んでいきます。
授業料を払いながら将来行う仕事のために知識やスキル、そして資格などを手に入れようと努力していきます。
学業成績の向上によって成長していくことを学生では重視しますが、その一方で社会人というのは企業において組織の一員として活動を行います。
会社や上司が掲げる仕事に対する方針に基づきながら、業務に関する目標を達成できるように対応していくことになります。
人間関係でも両者の事情を把握していかなければなりませんが、学生というのは同年齢で関係を作っていきます。
利害関係がない状態で気の合う人と学生は付き合えば問題ありませんが、社会人では役割や利害によって明確に決まります。
研修でも職位や年齢だけでなく、仕事経験などを教えていきながら行動できる人材に育てていくようにしていきます。

次の記事へ

PAGE TOP