HOME > 内定者研修とは > 内定した者の研修はなるべく長く行う

内定した者の研修はなるべく長く行う

企業は人員が少なくなれば定期的に求人を募集して新しい人を雇う必要がありますが、そこで大事になるのが内定者の研修です。
少しでも早く企業の戦力になってもらうためには細かく仕事を覚えてもらう時期を設ける必要があるので、研修を実施する事は大事になります。
ここで大事になるのが新人に丁寧に仕事を教える事ですが、他にも研修期間を長めに設定する事も必要です。
もし、この期間が短いのであれば、新人も早めに仕事を覚える必要があるとあせってしまう可能性があります。
特になかなか仕事がスムーズにできない場合は頭の中が混乱してしまう可能性があるので問題が起きます。
そこで、この期間を長くして少しずつ新人には仕事を覚えてもらうようにすれば内定者があせる可能性も低くなり、気持ちに余裕を持って仕事を覚えていく事ができるのでプラスです。



企業に内定した者は、新人研修が待っている

大きな企業などは、福利厚生がしっかりしていますから、入社してからの新人教育の研修などもしっかりカリキュラムが組まれていて、社会人一年生として相応しい人材になるべく、しっかりとフォローアップしてくれる様になっています。
人間としても、社会に溶け込む為に大事な処世術などを教えてくれますから、この様な研修をしっかり受ける人、受けない人とでは後々後から随分その人となりが変わってくるかもしれません。
やはり大手でしっかりした会社に内定をもらえた者は、最初の登竜門からしてスタートが大分違ってくる様に感じられずにはいられません。
でも、別に大手でなく、中小企業であっても、ベンチャーであっても、外資系企業であっても、自分で自己啓発して学んでいく事だって出来ますし、日本でまかり通っているビジネスマナーや慣習は、外国のそれとは異なる場合だってある訳です。
ですから自分自身が常にアンテナを張り、柔軟な対応をしていく事が大事です。



就職内定者の研修のメリットとは

一昔前から就職内定者の研修を行う企業が増えてきました。
専門学生や大学生などは、学校に在籍中に研修を受ける許可を得て、企業で経験を積むことが出来ます。
内定者に対して研修を行うことはとても良いことです。
誰もが始めて勤める会社は緊張するものなので、予め仕事の内容をある程度把握しておけば初日はだいぶ気が楽になります。
ほとんどの企業が行っているのはビジネスマナーや商品知識の教育です。
名刺の渡し方や乗車中の席順など、基本的なことをじっくり学ぶことが大切です。
又、その企業が取り扱っている商品やサービスを少しでも知っておくことで、スタートダッシュを切ることが出来ます。
もちろん企業によって教育の方針や内容が異なりますが、内定者にとってメリットの方が多いので、この制度はどんどん普及させていった方がいいでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP