HOME > 内定者研修とは > 内定した者の研修内容はどんなものか

内定した者の研修内容はどんなものか

内定者には、研修が行われることもあります。
企業によっても違いますが、これから働くための基本的なポイントを押さえることが目的になっています。
社会人として働く以上は、学生と同じ感覚で仕事はできないからです。
いざ働き始めた時にマナーなどで困ることがないように、研修で教えてもらうことができます。
もちろん同期とのコミュニケーションを取る目的などもありますので、どんな人と一緒に働くのか知ることもできます。
内定した後には、研修のためにある程度準備をしておくことも大切です。
社会人として当たり前のマナーなどを知っていればそれほどつまずくことはありませんし、スムーズにおしえてもらうことが可能になります。
しっかり一日かけて行われることが多いので、職場の雰囲気も分かりやすくなります。
いろいろなことを吸収して仕事に役立てましょう。



内定した者だけで行う研修に注意すべきこと

厳しい就職活動を終え、内定をもらってほっとしたのも束の間、すぐに内定を受けた者だけで研修を実施する企業があります。
そこでは社会人としてのマナーや心構えを教えるという内容の場合が多いです。
そのため、事前の予習は必ずしておきましょう。
単に親睦を深めるために実施されているわけではありません。
また、内定してから実施までの期間が長い場合も多いので電話やメールには少し気を配っておきましょう。
社会人であればどんな時でも企業からの連絡に備えるのは当然です。
服装や髪型も普段、企業を訪問する時と基本的には同じで構いません。
就職活動が終わったからと羽目をはずして乱れた服装や髪型にしないように注意しましょう。
特に指定が無ければ私服でも大丈夫ですが、同期の友人や年の近い先輩などに確認しておくのが無難です。
人事担当者に聞くのもOKです。



内定者には、必ず研修期間があります

就職先に内定された者は、何の雇用形態に限らずけんしゅう期間があるでしょう。
期間が3ヶ月の会社が多く、その3ヶ月の間は時給が低く設定されている会社が多いでしょう。
研修期間の間に会社の流れを知ってもらい、3ヶ月を過ぎても働けるかどうかを試す期間というのが正しい内容になるでしょう。
給与が全く変わらない会社もありますので、3ヶ月の間だけでも給与がもの凄く安くなってしまうと、生活が苦しいという人は、給与が全く変わらない求人を探しましょう。
内定をされたい一心で面接などを頑張りますので、研修期間も頑張りましょう。
内定者には通知で知らせてくる会社と電話で知らせてくる会社と異なってきますが、研修期間も異なってきますので、仕事の内容が難しければ難しい程、期間が長引きますので、その間に一生懸命仕事を覚えて早く一人前になりましょう。

次の記事へ

PAGE TOP