HOME > 内定者研修とは > 内定者に対する研修としてよいのは

内定者に対する研修としてよいのは

新卒者を採用する場合、大体、少なくとも10月くらいには採用活動を終えていることが多いでしょう。
つまりは内定を出すわけです。
いざ、入社してもらうのが4月ですからそれまではまだ学生なわけです。
しかし、折角時間があるのですから研修などをすることもよいでしょう。
強制するのは難しいでしょうが、大抵は参加してくれることでしょう。
内定者の研修はそこまでガチガチなことはしないことが多いです。
例えば研修と称して集めて、顔見せをしておくとかどんな仕事をしているのか、というのを実際に見学させることなどが多いでしょう。
後は社会人としてのマナー教室などをすることもあります。
するといってもその程度のことになるでしょう。
何故かといいますとやはり実際に仕事をしてみることのほうが経験値が圧倒的に高いからです。
しかし、こうしたことも決して無駄ではないです。



内定した者を研修する意義とは一体

内定者に関して研修を行う企業が近年増えてきています。
そこで今回は、そんな研修を行う意義に関して記載します。
企業が抱える問題の一つに辞退があります。
というのも、近年学生の多くが少しでも理想の環境、待遇を手に入れるために企業から内定を得た後も就職活動を続ける方が多くいます。
企業としては、せっかく時間を使って採用した人材だからこそ辞退はされたくないと考えるのは当然です。
研修を行う意義は、この場面で同じ様に内定となった学生と交流することが出来るだけでなく、企業に対する理解をしっかりと深めることが出来るため、辞退を防ぐことが出来ます。
このように、企業理解を深めることを通して、辞退したいと考える学生を防止することが出来ます。
そのため非常に意義のある活動です。
活動を通して、少しでも優秀な人材を辞退させないようにしましょう。



内定までの道のりと内定を貰った者の研修に関して

どこの職場でもそうですが、同期の絆は深く尊いはずです。
ライバルでもあり、何でも相談出来る素敵な間柄ではないでしょうか。
理由の一つとしてあるのが、内定者の研修ではないでしょうか。
三ヶ月程度の研修になりますが、右も左も分からないので互いに助け合いながら前に進むことになります。
脱落者を出さないように、互いにサポートすることが必要不可欠ではないでしょうか。
研修が終わると、各々に事例が出て職場が分かれてしまいます。
それでも同期の関係はずっと続きますし、困った時には頼りに出来る存在と言えるのではないでしょうか。
新卒の頃はビジネスマナーも十分に理解していませんし、電話の応対も満足に出来ないのが当たり前です。
ビシビシ鍛え上げられることで、一人前の社会人になれるのではないでしょうか。
道は険しいですが、精進あるのみです。

次の記事へ

PAGE TOP