HOME > 内定者研修とは > 内定者研修で学べること

内定者研修で学べること

 ここにきて、少子化及び団塊年代の退職によりまして、会社間での採用に関する競争そのものがハードになっています。その一方で、会社サイドも数を取り揃えれば有効と考えたりしてはおらず、状況が許す限り抜きんでた人材をたくさん集めたいと捉えています。その結果、魅力的な人材をたくさんの会社組織で奪い取り合うことになっています。それに対して、魅力的な人材といいますと、たくさんの会社の採用試験を受けて、数多くの内定を貰った上で、自分自身の行くべき会社組織を選択します。早い所は、3から4月くらいには内定を出すこともあって、1年後に至るまで実際のところは仕事が進みません。その結果、その期間内に秀逸な学生が別の企業に流れることもありえます。そのために入用になるのが、内定者研修といえます。

 内定者研修に関してですが、ビジネスマナーを教授したり、或いは同期間の親睦を深めたり、会社組織に対しての帰属意識を高めるようにするため、親睦会であったりグループワークなどを開催するのが通例になります。しかしながら、ここへ来てそのような担当者を割いたり、或いは時間を作り上げたりするのが困難な会社組織が増えてきて、実行しなければ素敵な人材は確保できないリアルに突き当たりながらもそんな簡単には実施するのが困難なのが現在の状態です。その結果、多種多様なツールを活用して全面的にフォローしようと全力を尽くす会社組織が拡がっています。学生サイドから考えても、会社組織に願う内定者研修につきましては、食事会、あるいは懇親会のみならず、勉強会などといった広い範囲の知識を深くする会も受けたいと希望されています。

 内定者研修の内容を考える上で、内定者に把握していてほしいスキル、あるいはマナーに関してのポイントがあります。内定者に関しては会社組織の一員になるという理解もしくは誇りそれから、責任感が必要不可欠です。その一方で、学生に対して社会人としての所作をつけさせようということは困難な話といえます。内定者に対して期待しているものといいますと、会社組織の知識、あるいは業務に欠くことができない基礎的知識、それから国の法律や、資格、さらに語学などが挙げられます。さらに、マナーとしましては、社会人としての最低限度の礼儀は身に着けたいものと言えます。ひとつの例として、身だしなみであったり好印象を与える笑顔、或いは挨拶それから、コミュニケーション力や、言葉づかいなどが考えられます。社会人として不快感を与えない対応の仕方を取れるようにしておくべきです。

PAGE TOP