HOME > 内定者研修とは > 内定者研修により内定辞退の減少が期待できる

内定者研修により内定辞退の減少が期待できる

 就職氷河期と呼ばれていた時代を脱したものの、それでもまだまだ希望する企業から内定を得られる学生が少ないのが現状です。そのため学生の多くは仮に内定をもらえたとしても、不安や心配などを抱き、就職活動を続けようとする傾向があります。その結果、優秀な人材が他社にとられてしまい、内定辞退という最悪のケースを招く危険性があります。そんな事態を少しでも減少させるために重要なのが内定者研修です。そこで今回は、内定者研修を行うメリットに関して記載していきます。内定者研修を行うメリットは、まず何と言っても同じ同期と出会うことが出来る点です。というのも、多くの内定者が抱く不安の一つに同期にどういった存在がいるのか、といった点が挙げられます。内定者研修を行うことで同期と知り合うことが出来、自然とその不安がなくなっていきます。

 また同期と交流を重ねていくと仲間意識が生まれます。その結果、同期内で自然と結束意識が生まれ内定辞退を未然に防ぐことが可能となります。それ以外にも内定者研修を行う場合、入社への期待感やモチベーションアップにつなげることが可能となります。内定辞退を行う学生には必ず情報不足などが原因で、本当に内定先の企業で自分が働くことが出来るのか、成長することが出来るのか不安を抱いている方が多くいます。内定者研修で企業に関連する情報を積極的に発信することで、内定者のそういった不安を取り除くことが出来、内定辞退を減少させることが出来ます。更に実際に内定先の企業で働いている方と交流することが出来るため、企業理解をより一層深めることが出来る点も内定者研修を行うメリットと言えます。

 中々希望の会社に就職することが出来る方が少ない時代ではありますが、それでも優れた人材は多くの企業が採用したいと考えます。またそうでない方でも、不安などが起因していつまでも就職活動を続けようとしてしまいます。そんな環境の中企業の人事担当者は、如何にして内定辞退を出さないようにするかということが重要となってきます。内定辞退を出さないようにするためにも、内定者をしっかりとフォローすることが重要となってきます。そのためにも、内定者研修を行い、内定者一人一人をしっかりとフォローし、入社後の働いている姿をイメージすることが出来るようにサポートすることが重要となってきます。また同期と交流する機会を設け、同期への不安も払拭することが重要です。こういった活動を行うことで、内定辞退を極限まで減少させることが出来ます。

次の記事へ

PAGE TOP