HOME > 内定者研修とは > 就職内定者、研修がどのようなものかを考察

就職内定者、研修がどのようなものかを考察

就職内定者という段階で研修が行われることがあります。
入社前研修ということになりますが、社内研修だけが目的ではありません。
社会人としてスタートするわけですから、基本的なマナーを習得することも目的となっています。
また、内定している会社によって違いはありますが、従事する業務に必要となる知識を身につける目的があります。
企業で働くということは責任も当然でてきます。
アルバイト等の経験がある場合でも正規の社員として働くことはイメージしずらいといえます。
根本的に働くということがどういうことなのかを実感できる場にもなります。
もちろん学生から社会人になるわけですから、生活も大きく変わってきますし遅刻等失敗もできません。
学生時代ではないような自分と合わない人等とも力を合わせて働くことになりそれらをしっかりと理解していく場にもなります。



内定をした者の研修を行う意味は

就職活動をして内定を貰った場合、内定者向けの研修を行うことがあります。
正式に決まってから行うこともありますが、その前に企業のことを知ってもらうために行う場合もあります。
必ず出席をしなければいけない、ということにはなっていますが、それでもまだ就職をしようかどうか悩んでいるのであれば、とりあえず出席をしてその企業のことを勉強したほうがよいでしょう。
しかし必ずしもどこの企業でも事前の研修があるとは限りません。
中には全くどういう仕事をするのか、その中身を伝えないようなこともあります。
そうなると不安に感じることもあるでしょう。
やはり企業の内容を知ることが大事です。
実際に就職をしてからこんなはずではなかった、ということにならないように、企業のことよく知ってもらうことは就職を決めた人だけではなく、企業にとっても大事です。



内定者に対する研修を行う際に考えるポイント

就職活動をしていた大学生へ内定を出していき、就職活動を終えて企業で実際に働いてもらう前に研修を行うことがあります。
無事に入社するまで、しっかりと社会人として研修を行わせることが重要です。
担当者は人事部に配属していることが多いですが、昨今入社して欲しいと人事担当者から思われている学生というのは、複数の企業より内定をもらっていることが多いです。
競合人材になっていることもありますが、未経験の環境で働いていくことは未知数です。
スキルアップをしっかりと行っていき、即戦力として活用できる人材にしなければなりません。
そこで内定者に対して、実際に企業で働いていくことは何かを学ばせていかなければなりません。
存在意義だけでなく、アルバイトとの違いも明確にする必要があります。
仕事と生活の密着度合いなどをしっかりと教えていきましょう。

次の記事へ

PAGE TOP